top of page
  • bonba0110bon

さて、どうしたものか!?

高知でこんなに積雪するなんて!しかもまだ文旦の収穫が終わってないよ!Σ(゚Д゚;)

 

 

文旦の樹の上にも雪がどっさり積もってます。文旦収穫して、野囲い(簡易的な貯蔵庫)に入れてたら、これくらいの雪でも大丈夫なんだけど、まだ樹になっている文旦に雪が積もるとどうなるのか?


皮がブヨブヨになっちゃうのか、それとも果汁が無くなっちゃう、す上がりしちゃうのか?

でも最低気温はそこまで低くないから何とか大丈夫なのか!?(-_-#


初めてのことすぎて、何も分からない。JAの文旦指導員さんも分からないみたいだし。



とりあえず、今、いや明日できることは、明日は晴れてるから文旦の樹に積もった雪を落とすこと。


明後日は最低気温が-3℃になるから、その時に、溶けた雪が樹の上で凍るとヤバいから、明日のうちにできるだけ雪を落とす。



色々、不安がってもしょうがないし、高知県西部の文旦の産地では、雪が積もってなくて、羨ましい気持ちもあるけど、羨ましがっても現状は変わらないし、やるっきゃない。



という宣言をして、明日頑張るぞっ。


さぁ明日も元気にっ(*´A`)ノ


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

文旦畑の野囲いは、こんな感じで畑に設置されています。 野囲いが、日光に照らされることで、中の温度が高まり、ゆっくりと追加熟成されていきます。 そして熟成されたところから、文旦を出して荷造りしていきます。 今夜の荷造りはこれで終了。乾燥しないようにコンテナをビニールで包んで終わり。お疲れ様でした〜。 さぁ、明日も元気にっ(*´A`)ノ

本当は荷造りをどんどんしていきたいんだけど、同時並行で次の栽培に向けての作業が始まっていきます。(´∀`○)ノ 今日は荷造りの合間に、文旦畑に苦土石灰を撒いていました。畑の土壌は何もしないと酸性に傾いてしまうので、文旦の根が生育しやすい弱酸性になるように調整してあげるんです。 この黒いつぶつぶを畑全体にパラパラしてあげました〜。 これでまた来年もすくすく育ってね。文旦ちゃん。 さぁ、明日も元気にっ

bottom of page