top of page
  • bonba0110bon

なんか気になるを受け流さない

今年の夏は32度を超える猛暑はそんなになく、8月中旬なんて、雨前線がかかって梅雨みたいな感じだったので、気温的にはめっちゃ暑い夏ではなかったけど、 

 

体感的には、晴れの日は日差しが体をジリジリと照りつけるな〜。暑いな〜と思ってて、

 

これは人間だけじゃなくて、文旦の樹も同じくで、今年は日焼けがすごい。例年だと10月に文旦の実が日焼けするってあまりないけど、今も日焼けしてきてる実があるし、

もともと樹勢が弱かった樹は、暑さで枯れちゃったし、なんかいつもと違う。

 

 

いつもなら10月に晴れが続いても灌水はしないけど、何か気になるから灌水してあげました。(o´д`o)=3

 

昨日の週間天気予報では、来週も晴れや曇りの日が続くみたいだったけど、

今日の夕方に天気予報を見たら、日曜日の夜には雨が降るみたいだね〜。

 

 

だったら今日、灌水しなくてもよかったやん!と思ったけど、まぁいいかな〜。

 

 

明日は保育園で娘の運動会があるので、家族で応援してきます。(*´A`)ノ



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

文旦畑の野囲いは、こんな感じで畑に設置されています。 野囲いが、日光に照らされることで、中の温度が高まり、ゆっくりと追加熟成されていきます。 そして熟成されたところから、文旦を出して荷造りしていきます。 今夜の荷造りはこれで終了。乾燥しないようにコンテナをビニールで包んで終わり。お疲れ様でした〜。 さぁ、明日も元気にっ(*´A`)ノ

本当は荷造りをどんどんしていきたいんだけど、同時並行で次の栽培に向けての作業が始まっていきます。(´∀`○)ノ 今日は荷造りの合間に、文旦畑に苦土石灰を撒いていました。畑の土壌は何もしないと酸性に傾いてしまうので、文旦の根が生育しやすい弱酸性になるように調整してあげるんです。 この黒いつぶつぶを畑全体にパラパラしてあげました〜。 これでまた来年もすくすく育ってね。文旦ちゃん。 さぁ、明日も元気にっ

bottom of page