• bonba0110bon

はぁ〜、なんか悔しいな〜


今年は文旦が大幅に少ない年。樹の上に実っている文旦は、大事に大事に育てていきたいところなんだけど、

  

文旦の日焼けがポツポツポツと出てきている(ノ゚□゚)ノ

 

まぁ、今年に限ったことじゃなく、毎年、文旦の日焼けは発生するんだけど、

大きな実になっておくれ~と、夏肥えをまいて、すくすく育っていた文旦がダメになっていくのを見ると、なんだかな~という気持ちになりますよ~。

 

  

ずっーーーと雨が降ったと思ったら、日照りが続いて、また雨が続く、極端すぎる今年の天候。

 

「天候が悪いから、こんな生育状況になるんだよー」と天候のせいにしてみても、現状は何も変わるわけでもなく。それだとダークサイドに落ちていくだけだから、、、

 

 

天候の要因が大きいけど、天候のせいにせず、「まだやれることはある。」って気持ちで、できることを模索していくっ~。

(*´ο`*)=3

 

 

以前、読んだ本で、「失敗には成功の種が含まれている。」って言葉を、ふと思い出す。

  

 

就農して約10年。JAの文旦の品評会では何回か入賞し、まあまあ普通の農家になってきたかなと感じてた時に、こんな不作年ですよ。。

 

僕のところだけじゃなくて、うちの地域全体が不作な年。

 

 

不作な状況の中で、どんな成功の種があっていうのよ。と思いながらも、あらためて柑橘の栽培に関する技術書を読み直していると、今さらながらに気づくことがある。来年、取り組んでみようと思うこともある。

 

まだ、やれることはある。悔しみ、悲しみに負けないように頑張るぞってヽ( ´ー`)ノ



3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

サシガメと遠い記憶

今日も文旦の摘果(小さい実を落とす)してたら、文旦の幹のところに赤い虫が。 あれ、なんだろう〜?とよく見てみるとサシガメだ。Σ(゚Д゚) カメムシの細長いやつかと思いきや別の虫。名前のとおり、刺してくる虫です。 サシガメを見て思い出すのは30年以上前の小学生の時の記憶。 小学校の校門の近くにある木の幹に、サシガメが大量発生してる時があったんです。 まだ誰もその虫がサシガメと知らない時で、「この黒い

カッパの補修

カッパで長く使えそうだけど、農作業で使ってると半年くらいでカッパのズボンが、擦り切れて穴が開いちゃたりします。 小さい穴でも、そこから雨が染み込んじゃうから、新しいカッパを買うしかなかったんだけど、 Amazonで「ナイロン補修シート」というものを見つけて、使ってみたら、コレが良いーΣ(゚Д゚) カッパの穴を普通のセロハンテープやガムテープで貼ってもすぐに剥がれちゃうんだけど、ナイロン補修シートだ