• bonba0110bon

サシガメと遠い記憶

更新日:9月22日

今日も文旦の摘果(小さい実を落とす)してたら、文旦の幹のところに赤い虫が。

 

あれ、なんだろう〜?とよく見てみるとサシガメだ。Σ(゚Д゚)

 

 

カメムシの細長いやつかと思いきや別の虫。名前のとおり、刺してくる虫です。

 

 

サシガメを見て思い出すのは30年以上前の小学生の時の記憶。 

 

小学校の校門の近くにある木の幹に、サシガメが大量発生してる時があったんです。


まだ誰もその虫がサシガメと知らない時で、「この黒い虫なんやろうね〜(小学校にいたのは黒いサシガメでした)」

とみんなで言いあってるなか、友達の一人が「俺、捕まえれるでー」と言って、その虫を捕まえた瞬間。

 

 

「痛いっーー!!」と叫びながら、校舎の端っこにある保健室に駆け込んでいきました。

 

そう。サシガメに刺されたんです。Σ(゚Д゚)

かなり痛いらしいですが、毒はないそうです。

 

友達は翌日には、刺された指は大丈夫になってましたが、ビックリしたな〜(o´д`o)=3

 

 

みなさんも公園とかでサシガメを見つけたら、気をつけてくださいね〜。(*´A`)ノ




3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示