top of page
  • bonba0110bon

今年は糖度高いのかな〜

JAに提出してた文旦分析結果が返ってきました。1番上の段がJA平均で、下の2段が僕の文旦。

 

例年のJA平均の糖度は10度代で、10度あれば普通に美味しい文旦。11度になると、「甘いね〜。この文旦」と感じる実。

 

 

年末に後輩に会った時に「今年の文旦は糖度高いですね〜。13度くらいありますよー。」って言ってて、

 

僕は「え、そんなに糖度あるの!?うちは、せいぜい11度くらいじゃない〜。」と返したけど、分析結果では12度以上ありました。

 

1個は糖度13.5度あるけど、これは良すぎやね〜。たぶん、たまたまの文旦。Σ(゚Д゚;)

 

 

果樹における糖度を1度上げる大変さって、例えるなら100m走でタイムを1秒縮めるくらい大変なことなんです。なので、糖度11度が12度になるということは、めっちゃ凄いことなんです〜。

 

でも正直なところ、今年の僕は糖度を上げるよりも、寒波で弱った文旦の樹を回復させることに取り組んでたから、そのやり方と天候が重なって、例年より糖度が高いのかな〜。

 

 

でも酸度が上がってないのは、栽培のやり方を変えた影響なのかもと思ったり。

※普通は糖度が上がると、それに比例して酸度も上がるんです。糖度12度だと酸度1.6とかね。でもうちの文旦は酸度が上がっていない。

 

これは僕の栽培の仮説が当たってるのかな〜。なんてね〜。Σ(゚Д゚;)

 

 

とか妄想しながら、今日は出荷に向けての倉庫の片付けをしてました。

 

さあ明日も元気にいきましょう〜(*´A`)ノ




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

文旦畑の野囲いは、こんな感じで畑に設置されています。 野囲いが、日光に照らされることで、中の温度が高まり、ゆっくりと追加熟成されていきます。 そして熟成されたところから、文旦を出して荷造りしていきます。 今夜の荷造りはこれで終了。乾燥しないようにコンテナをビニールで包んで終わり。お疲れ様でした〜。 さぁ、明日も元気にっ(*´A`)ノ

本当は荷造りをどんどんしていきたいんだけど、同時並行で次の栽培に向けての作業が始まっていきます。(´∀`○)ノ 今日は荷造りの合間に、文旦畑に苦土石灰を撒いていました。畑の土壌は何もしないと酸性に傾いてしまうので、文旦の根が生育しやすい弱酸性になるように調整してあげるんです。 この黒いつぶつぶを畑全体にパラパラしてあげました〜。 これでまた来年もすくすく育ってね。文旦ちゃん。 さぁ、明日も元気にっ

bottom of page