top of page
  • bonba0110bon

今年も1年お世話になりました

1年の計は元旦にあり。と言われてるけど、じゃあ逆に1年の経(けい)は大晦日にありなんじゃない〜。と思って今年1年を経てみての振り返り。(o´д`o)=3

 

 

うーん。今年は一言でいうと、考え方の枠が広がった年かな〜。

 

初めての文旦の大不作で、今までの栽培方法をあらためて見直す機会になったし、JA高知県青壮年連盟の副委員長を担当して、JA高知県が農家のために取り組んでいることも知れて、JAに対する感じ方も変わったし。

 

 

大人になると、自立して自分ひとりでなんでもできる気になるけど、やっぱ人は支え合って、助け合っていくなかで地域社会って成り立っているんだな〜と感じた一年でした。

 

 

来年は、文旦の収穫量が今年よりも増えるように、そして自助、共助の取り組みを大事にしながら2022年を過ごしていきたいと思いながら、文旦の野囲いにイノシシ避けの対策と、地元の神社の掃除をしてました。

 

 

今年も1年お世話になりました。

みなさん、良いお年を〜(*´A`)ノ




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

文旦畑の野囲いは、こんな感じで畑に設置されています。 野囲いが、日光に照らされることで、中の温度が高まり、ゆっくりと追加熟成されていきます。 そして熟成されたところから、文旦を出して荷造りしていきます。 今夜の荷造りはこれで終了。乾燥しないようにコンテナをビニールで包んで終わり。お疲れ様でした〜。 さぁ、明日も元気にっ(*´A`)ノ

本当は荷造りをどんどんしていきたいんだけど、同時並行で次の栽培に向けての作業が始まっていきます。(´∀`○)ノ 今日は荷造りの合間に、文旦畑に苦土石灰を撒いていました。畑の土壌は何もしないと酸性に傾いてしまうので、文旦の根が生育しやすい弱酸性になるように調整してあげるんです。 この黒いつぶつぶを畑全体にパラパラしてあげました〜。 これでまた来年もすくすく育ってね。文旦ちゃん。 さぁ、明日も元気にっ

bottom of page