• bonba0110bon

最近、面白かった本


文旦の出荷も終わり、夜の時間に余裕ができてきたので、図書館で本を借りて読んでます〜。


今回、紹介するのは、新規就農の方や、果物、イチゴ、トマトなど産直販売しやすい作物を作っている農家さん向けの本かな〜。

 

 

#最強の自社ブランド農業経営

 

自社ブランドと言われて、

「あ〜、そういうブランドとか、マーケティングとか横文字はよく分からんし〜。」と感じるかもしれないですが、

 

大丈夫です!(o´д`o)=3

 


ブランド化するためのテクニックを紹介している本ではないのです。著者の武下さんが、脱サラされて、26歳の時に実家のトマト農家を継いだ後、トマトでは経営が厳しいから、イチゴ栽培に転作して、七転八倒しながら、売上8000万以上になっていくお話です。

 

「あー、うちはそんなに売上行くほどの耕作面積じゃないから関係ないや〜。」

と思いきや、

 

売上8000万なんていう爆売上を目指さなくても、自分とこの農作物の売上を向上させるための参考になるので、いいですよ〜。(*´A`)ノ


武下さんの凄いところは、「フットワークの軽さ」と、「あきらめない心。」


地元の高級フルーツ店に新規営業に行って、何度も足を運び交渉していって、

ついに、その高級フルーツ店で販売してもらえるようになったり、


オフシーズンにイチゴの売上を作ろうと、あまおうジェラートを100カップ作ったけど、まったく売れる気配はなかったそうです。でも、その失敗ぷりをSNSでずっと発信してたら、JR西日本の方と商談させてもらえる機会があり、その後、新幹線の車内販売で4万カップ販売できるようになったそうです。

 


まぁ、著者の武下さんみたいに、ガンガン行動していくことは簡単ではないですが、

 

自分の考え方、行動に対して、

「まだやれることはある!(*´A`)ノ」

という気持ちで、これからも僕は頑張っていきたいなと思いました〜。 

 

 

さぁ明日も元気にいきましょう〜(*´A`)ノ



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

農家って、にこやかに畑仕事をしているイメージがありますが、農家も人間だもの。 悔しがるし、んもぅー!Σ(゚Д゚;)ってなる日もありますよ〜。 今日で、文旦の花つけ(人工受粉)が終わる予定だったんですが、 今日の天気予報は曇りの予定だったのに、午後から急に時雨。 えっ!嘘やろ〜。って思って、Yahoo天気アプリで雨雲レーダーを確認したら、バッチリ雨雲がかかってるやん。(o´д`o)=3 雨が降ってた