• bonba0110bon

梅雨の晴れ間を

農家のメンタルを削ってくる。そんな厄介な気候。(ノ゚□゚)ノ

 

  

観測史上、最も早い梅雨入りだって。例年より3週間くらい早いΣ(゚д゚;)

 

梅雨入りが早いってことは、5月の日照時間が例年より短くなるってこと。


日照時間が短いと光合成ができないから、文旦の赤ちゃん実が、栄養不足で、生理落下するかもしれないし、ジメジメした梅雨の時期、文旦の病気が発生しやすくなるし。

 

 

18日は、なんとか晴れ間が見えそうだけど、この晴れ間に、病気予防の防除をするのか、例年より遅れて開花した文旦の花に、人工授粉してあげるか悩みどころ。。。


 

まぁ、実に傷が増えてもいいから、ちょっとだけでも収穫量が増えるように、僕は人工授粉をする予定です~(*´ο`*)=3

  


この、貴重な晴れ間をどう活用するのかの判断が、今年の収穫の出来具合に、めっちゃ重要になってくるぞ==ヽ( ´ー`)ノ




3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

早朝7時の来訪者

今朝、朝ごはんを食べてたら、ピンポーンが鳴って、「こんな早朝に誰だろう。宅急便じゃないし、うちの親だったら、電話かけるだろうし〜」 と思いながら、玄関を開けると、 近所のおじさんが、神社議員のお知らせの手紙を持ってきてくれました。 神社議員と書いて、「じんしゃぎいん」 という読み方。なんでだろう〜。土佐弁なのかな〜。 今年、僕は神社議員なので、地元の神社のイベントや掃除をする係なんです。 10月に

隣の花は赤いって言ってたっけ!?

今朝、小3の息子から、「隣の花は赤いって、どういう意味?」って訊かれて、 「えっ、それって隣の芝生は青い。じゃない?隣の花は〜ってことわざあったけ?」 と返事をすると、息子が、 「教科書に載ってるで〜」と言うので、Googleで調べてみると、ちゃんと存在しました。Σ(゚Д゚) 「隣の花は赤い」 意味は、隣の芝生は青いと一緒。 僕が小学生の頃習ったのは、隣の芝生だったけどな〜と昔を思い出しながら、息

サシガメと遠い記憶

今日も文旦の摘果(小さい実を落とす)してたら、文旦の幹のところに赤い虫が。 あれ、なんだろう〜?とよく見てみるとサシガメだ。Σ(゚Д゚) カメムシの細長いやつかと思いきや別の虫。名前のとおり、刺してくる虫です。 サシガメを見て思い出すのは30年以上前の小学生の時の記憶。 小学校の校門の近くにある木の幹に、サシガメが大量発生してる時があったんです。 まだ誰もその虫がサシガメと知らない時で、「この黒い