top of page
  • bonba0110bon

梅雨の晴れ間を

農家のメンタルを削ってくる。そんな厄介な気候。(ノ゚□゚)ノ

 

  

観測史上、最も早い梅雨入りだって。例年より3週間くらい早いΣ(゚д゚;)

 

梅雨入りが早いってことは、5月の日照時間が例年より短くなるってこと。


日照時間が短いと光合成ができないから、文旦の赤ちゃん実が、栄養不足で、生理落下するかもしれないし、ジメジメした梅雨の時期、文旦の病気が発生しやすくなるし。

 

 

18日は、なんとか晴れ間が見えそうだけど、この晴れ間に、病気予防の防除をするのか、例年より遅れて開花した文旦の花に、人工授粉してあげるか悩みどころ。。。


 

まぁ、実に傷が増えてもいいから、ちょっとだけでも収穫量が増えるように、僕は人工授粉をする予定です~(*´ο`*)=3

  


この、貴重な晴れ間をどう活用するのかの判断が、今年の収穫の出来具合に、めっちゃ重要になってくるぞ==ヽ( ´ー`)ノ




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

文旦畑の野囲いは、こんな感じで畑に設置されています。 野囲いが、日光に照らされることで、中の温度が高まり、ゆっくりと追加熟成されていきます。 そして熟成されたところから、文旦を出して荷造りしていきます。 今夜の荷造りはこれで終了。乾燥しないようにコンテナをビニールで包んで終わり。お疲れ様でした〜。 さぁ、明日も元気にっ(*´A`)ノ

本当は荷造りをどんどんしていきたいんだけど、同時並行で次の栽培に向けての作業が始まっていきます。(´∀`○)ノ 今日は荷造りの合間に、文旦畑に苦土石灰を撒いていました。畑の土壌は何もしないと酸性に傾いてしまうので、文旦の根が生育しやすい弱酸性になるように調整してあげるんです。 この黒いつぶつぶを畑全体にパラパラしてあげました〜。 これでまた来年もすくすく育ってね。文旦ちゃん。 さぁ、明日も元気にっ

bottom of page