• bonba0110bon

知ってるようで、知らないこと

「知っているようで、知らないこと。」

 

 

僕が就農した当時、まわりのお年寄り農家さんは「現場の農協職員は頑張りゆうけど、組織としての農協は、何にもしてくれん。」と言う人がちょこちょこいたので、

 

「あ~、農協って、そんな感じの組織なのかな~」と思ってたんですが、

 

現在、JAの青壮年連盟(青年農家の集まり)の代表として、JAの会議に参加するようになると、意外と農家のために動いてくれてるよ~。と感じることもあります。

 

今日の午前中は、農協農政会議があり、参加してきたんですが、議題の一つとして、「高知県内の農家から集めた、農業振興に関する要望を県知事に要請する。」がありました。

 

各地域のJA支所から上がってきた要望(園芸農業対策、農地・担い手対策等)を精査して、県知事に要請していきます。


今回の会に参加するまで、JAがそんなことをしているなんて知らなかったので、驚きました~Σ(゚д゚;)

 

 

ここ最近、JA高知県、いろいろあったので、「JA高知県はすごいよー!」と言うつもりはないですが、「まったく農家のことを考えてないわけではないよ~。」

 

ちゃんと動いてくれているところもあるよ~。と感じたしだいです。


JAに限らず、他の組織、団体でも、「あそこの団体、組織は、何にもしてないな~。」と決めつけてしまう前に、

 

 


ちゃんと自分で調べないといけないな~と思いました。ヽ( ´ー`)ノ




3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

サシガメと遠い記憶

今日も文旦の摘果(小さい実を落とす)してたら、文旦の幹のところに赤い虫が。 あれ、なんだろう〜?とよく見てみるとサシガメだ。Σ(゚Д゚) カメムシの細長いやつかと思いきや別の虫。名前のとおり、刺してくる虫です。 サシガメを見て思い出すのは30年以上前の小学生の時の記憶。 小学校の校門の近くにある木の幹に、サシガメが大量発生してる時があったんです。 まだ誰もその虫がサシガメと知らない時で、「この黒い

カッパの補修

カッパで長く使えそうだけど、農作業で使ってると半年くらいでカッパのズボンが、擦り切れて穴が開いちゃたりします。 小さい穴でも、そこから雨が染み込んじゃうから、新しいカッパを買うしかなかったんだけど、 Amazonで「ナイロン補修シート」というものを見つけて、使ってみたら、コレが良いーΣ(゚Д゚) カッパの穴を普通のセロハンテープやガムテープで貼ってもすぐに剥がれちゃうんだけど、ナイロン補修シートだ