• bonba0110bon

雨が降らないなら、降らせましょう〜


梅雨のような長雨が続いた8月中旬。やっと雨の前線が四国を離れてたと思ったら、それから3週間くらい、ほぼ晴れ。

 

9月の天気予報では、曇りのち雨という予報もあったから、

 

「おー、なんとか雨が降ってくれるかな〜」と思ってたら、小雨というか、一瞬の時雨。

 

文旦の葉っぱは少し濡れたけど、地面はまったく濡れてない感じ。

 

 

例年なら、9月はちょこちょこ雨が降るんで灌水なんてしないんだけど、曇りのち雨の天気予報でもたいした雨量がないから、

 

「どうしようかな〜。灌水しようかな〜。」と考えてたら、大事なことを思い出した。

 

あ、8月末にまいた追肥(生育が良くない時に、少しだけまく肥料)が溶けてないやん〜。Σ(゚Д゚)

 

 

そうなんです。肥料は粒状なので、畑にまいただけでは、溶けなくて、そのままなんです。

 

雨で溶けて、畑に染み込むことで、文旦の樹の養分になるんですが、現状は、畑に落ちてる、ただの粒。(o´д`o)=3

 

 

なので、今日、散水機械を使って、文旦畑に雨を降らしています。

 

全部の畑に散水機械があればいいんだけど、二箇所しかないから、他の畑は手作業で灌水していく予定です。

 

 

週間予報では、7日と8日は、曇りのち雨の予報だけど、どうなることやら〜。


雨が降ってくれると、ありがたいけどな〜(*´A`)ノ





1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

サシガメと遠い記憶

今日も文旦の摘果(小さい実を落とす)してたら、文旦の幹のところに赤い虫が。 あれ、なんだろう〜?とよく見てみるとサシガメだ。Σ(゚Д゚) カメムシの細長いやつかと思いきや別の虫。名前のとおり、刺してくる虫です。 サシガメを見て思い出すのは30年以上前の小学生の時の記憶。 小学校の校門の近くにある木の幹に、サシガメが大量発生してる時があったんです。 まだ誰もその虫がサシガメと知らない時で、「この黒い

カッパの補修

カッパで長く使えそうだけど、農作業で使ってると半年くらいでカッパのズボンが、擦り切れて穴が開いちゃたりします。 小さい穴でも、そこから雨が染み込んじゃうから、新しいカッパを買うしかなかったんだけど、 Amazonで「ナイロン補修シート」というものを見つけて、使ってみたら、コレが良いーΣ(゚Д゚) カッパの穴を普通のセロハンテープやガムテープで貼ってもすぐに剥がれちゃうんだけど、ナイロン補修シートだ